2008年05月28日

#.46

やあ、みんな オイル換えている?

窓の外は土砂降りだよ
It's a Big Wednesday night
ゴキゲンなRock'n'roll shot gunをぶっ放そう!
もう名前はとっくに覚えたよね?
俺の名前はSpenser,DJ@edge of the townだよ

ところで水曜日は“NO残業DAY”だなんて言って
結局職場の連中と居酒屋でまずいまずい酒をあおるなんて事
おいおい、本当に勘弁してくれよ
そんなわけのわからない習慣に従って
まさか大人になった気分にでもなろうってのかい?
彼らは言うだろう 「仕事って言うのはね・・・」なんとかなんとか・・・
ははは、まったく笑っちゃうね
いいかい?教えてあげよう
本当に仕事の出来るヤツってのはね
酒を飲みながら仕事についてなんか語るわけがないのさ!

もし君の周りの奴らがまともならとっととofficeを飛び出して
気の利いた言葉をかけてくれるだろう

「O.K.さあ、とっとと家に帰るんだ」ってね!

それがまともってもんさ Time is running outだよbaby!

え?大人気ない勝手な言い草だって?
もちろんその通り!ビンゴだよ!
そろそろ君にもほんの少しばかりわかってきたみたいだね
ほんのほんの、ほんの少しね!

今夜の曲は『I'm not in love』、もちろん10ccだね!
こんな雨の夜は、できれば69年型Chevyに乗ってこんな曲を聴いてくれ
愛することは拒絶することでもある
相反する感情を抱えて生きる
そうしかできない夜もあるってものさ


10cc.jpg




“僕は恋なんかしてないさ その事を忘れないでおくれよ

恋なんてくだらないことさ

確かに君に電話したさ だからって勘違いしないでくれよ
僕を手に入れたなんて思わないでくれよ

僕は恋になんて落ちてない 違うよ 絶対に

君に逢いたい 性懲りもなくね
でも君が思うほど大した意味なんてないのさ

もし君に電話したとしても そんなに騒がないでくれよ
僕ら2人のことを君の友達に話したりなんかしないでくれ

僕は恋なんかしてないよ 絶対にね・・・”


自惚れ屋の君は今日も一人ぼっち
帰り道は見つかったかい?
忙殺されてくたびれてこのまま年を取っていくのかな?
たぶんきっとそうだろう

それが嫌なら嫌なことをすべてやめるべきさ
勇気がないときに言い訳は強い味方だもんな
なんとなくうまくごまかせるからさ
でもごまかされないヤツのほうがずっと多いんだぜ
たとえこの言葉が君には何の意味を持たなくても
俺はまったく気にしない
なぜなら俺は君達よりほんのちょっとわかりかけているからさ
生きることの意味を 与えることの意味をね

曲を聴きながら今夜もさよならだ
みんな、また会おう!



posted by Spenser at 23:48| Comment(0) | ♪Spenser's radio show! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

#.45

やあ、みんな coffee飲んでるかい?

今夜もお待ちかねのレディオ・ショーを始めるよ!
Hey,そこのYOU! わけのわからない馬鹿笑いしか聞こえてこないTVなんか
今すぐ窓から放り出してこのレディオ・ショーにstay tunedでたのむぜ!
このDJ Spenserが君の素晴らしいほどの憂鬱を吹き飛ばしてあげるさ
なにせ憂鬱においては僕は権威だからね
かるく1冊の本に出来るくらいさ
ははは、もちろん誰も褒めてはくれないけどね!
誰かのために生きているわけじゃない僕はまったく気にもしないのさ
誰かのために祈ることはあってもね

おいおい、まだそのTVを観てるのかい?
ははは、まったくお構い無しだね!
そんなもんでは孤独な気持ちは消せないよ
もちろん孤独であることを尊く思ってないからこそ
毎晩決まったプログラムのようにリモート・コントロールに
手が伸びちゃう君なんだろうけどさ
ははは、まあ、勝手にしてくれよ 僕も勝手にやらせてもらってるんだから

ところで僕の友達の一人はTシャツのデザインを始めたよ
これがまたイカシテいるんだな 発売前から売り切れそうなヤツさ
とっとと会社員を辞めて南の島で笑いたいんだそうだ
友達の一人はワインを飲み始めたよ まさにRock me on the waterな事さ
そして友達の一人は映画を撮るのをやめて小説を書き始めるんだってさ
まったく一生懸命生きてくれているってわけさ
誰一人ひがんじゃいないからね
毎日毎日machineみたいに生きて(生きていると言えればだけどね)
皮膚がたるんでいくのはまっぴらなんだそうだ
え?そんな話のどこが憂鬱を吹き飛ばしてくれるのかって?
OH!BOY!だからTVを消してくれって言ったのさ

それでは曲にいってみよう
今夜の曲は『Bad day』、もちろんDaniel Powterだね!
自分の環境を不遇だと思うのは、君自身がそうしてるからなんだって、
遠い空の下から彼が教えてくれるだろう


BAD DAY.jpg



“君はただ落ち込むために順番待ちをしてる
作り笑いを浮かべてテイクアウトのコーヒーを買うのさ

君は自分の人生はすべてがうまくいかないんだと言う
いつも落ち込んでばかり 自分でつまらなくしてしまう
そして思う 「もう頑張ったって意味がない」と

おいおい、だって今日はツイていなかっただけだよ
たかが一発喰らっただけじゃないか

軌道修正しようと悲しい曲なんか歌って
わからない、嘘なんかついていないと君は言うけどさ

今日は運が悪かっただけさ ただのツイてない1日だったのさ
ツイてなかっただけ そう、ただツイてなかっただけさ

だからもう1回やってみなよ 大丈夫だって・・・”

誰だって派手に転ぶのさ 当たり前じゃないか
転ばないヤツなんかいないぜ
嘘をついてまで転んだことを必死に隠す人は多いけどね 
そんなのまったくイカシテないぜ
いいかい?本当にカッコイイっていうのは正しい努力をしているって事なんだぜ
会社の上司の顔色をびくびくしながら見ているうちは
君は正しい努力なんかしていないしきっと輝いてはいないって事さ

生きていくために君達がしなければならない事は
本当にそんなちっぽけな事なのかい?
他に出来ることを探してから、やむを得ずそれをやっているのかい?

いい加減に気づいてくれよbaby!

今夜僕が言いたいのは、まあそんなことさ!
笑いたかったら笑ってくれてまったくO.K.!
僕も笑っているからさ

曲を聴きながら今夜もさよならだ
みんな、また会おう!
posted by Spenser at 23:00| Comment(0) | ♪Spenser's radio show! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

#.44

やあ、みんな 降られてるかい?

日曜の蒸し暑い夜の熱気を吹き飛ばしてあげよう!
そんな堅苦しい服は脱ぎ捨ててイカシたTシャツに着替えてくれよ
今夜もCRAZYなレディオ・ショーの始まりだよ!

そうか、みんな仕事に明け暮れているのかい?
追い回されてるってわけかい?
まったく立派な話じゃないか
それで誰かが褒めてくれるのかい?
ははは、give me a break,and fuck it!冗談じゃないぜ
仕事っていうのはさ、追い回さなきゃならないんだぜ
追い回されていちゃどこに向かってるかもわからないだろう?
おいおい、いつだってあべこべさ
一体いつになったら気が付くんだい?baby!
自分の人生だぜ ちゃんとコントロールしなきゃ
何のために明日が来るかもわからないってもんさ!
追い回すことが出来たとき 初めて自分が何をしているのか気づくのさ

今夜の曲は『Have you ever seen the rain?』、
もちろんCreedence Clearwater Revivalだね!

1971年、ベトナムではYellowでもWhiteでもない真っ赤な多くの血が流れていた
そんな中で彼らはこう思っていたのさ
リクエストしてくれたのはtengtengだよ
もちろんI'm alright,イカシた曲のリクエストにGod bless you!


Pendulum.jpg




“昔誰かが言っていたよ 嵐の前には静けさがあるんだと
 
 わかるさ、確かにね そんな事が前にもあったよ

 晴れた日にこそ雨が降るとも言ってたな

 わかるさ、雨のように降り注ぐ日差しがあることを

 教えてくれよ 君はそんな経験があるかい?
 
 知りたいんだ そんな雨を見たことがあるかい?

 晴れた日に降り注いでくる雨をさ・・・”



アメリカの猿真似をしてきたこの国じゃ見える景色も違うのさ
俺たちは何を見てきたのかな?
見ている景色は本当にそこにある景色かい?
自分のことしか見てない愚か者にはならないでくれよ
自分の未熟な尺度で勝手に型にはめ込まないでくれ
そいつははみ出しているに違いないぜ
利己主義で作られた小さな小さな箱からはね

曲を聴きながら今夜もさよならだ
みんな、また会おう!
posted by Spenser at 23:39| Comment(4) | ♪Spenser's radio show! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

#.43

やあ、みんな 褒められてるかい?

Racing in the streetなFriday nightmareを吹き飛ばしておくれ
今夜も勝手に吠えまくるのは俺、Spenserだよ
いつものようにドアは開いてる 勝手にしてくれよ

ところで物の統計によれば20歳過ぎて写真を撮る時に反射的に
ピースサインとやらをやらかす女性はかなりイケてないそうだ
ははは、おっと目の前のWhite wineをこぼしそうになるくらいわらっちゃったよ
同様に30歳を過ぎて反射的にサム・アップ(例の親指をたてる仕草ね)する男性は致命的、絶望的にイケてないそうだ
そりゃそうだ、まったくイカシていないもんな

ははは、みんなは大丈夫かい?
ピースサインとサム・アップはteenagerのうちに気の済むまで
やっておいたほうがよさそうだぜ
そういったT.P.O.を無視した行動はそろそろやめてくれよ
誰もがやってるからって微塵の哲学も持たずに惰性で生きるのはやめてくれ

同じような服を着て同じような歩き方をされるとね、
こっちが恥ずかしくなるってなもんさ
言っている意味がわからないって?
ははは、いつものことさ、never fuckin' mindだよ、baby!

今夜の曲は『Downtown train』、もちろんTom Waitsだね
憎むことより許すことのほうが100億倍も難しいんだと
少しでも考えることが出来たなら今夜あの列車に飛び乗っておくれ

raindogs.jpg



“今夜お前に逢えるかな ダウンタウンを走る電車の中で

そこでは毎晩何もかもが同じだよ 変わりはしない

お前はさっさと遠くに行ってしまった

俺は途方にくれているのさ

今夜お前に逢えるかな ダウンタウンを走る電車の中で

俺の夢はことどとく雨のように落ちてゆくのさ

ダウンタウンを走る電車の中で・・・”


金曜日の真夜中 人は思考の荒野を駆ける
それがまともってもんだろう
何も考えず行動もしないように見えるからって
何も変わっていないわけじゃないぜ
見えてる光だけが光じゃないのさ

曲を聴きながら今夜もさよならだ
みんな、また逢おう!
posted by Spenser at 23:55| Comment(2) | ♪Spenser's radio show! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

#.42

やあ、みんな 祈ってるかい?

Bluesに蹴りを入れて今夜も始まるさ、電波JACKのレディオショー!

聴きたくない奴はとっとと出て行ってくれ
Don't come around here!
暇つぶしに付き合おうかっていう君、
Thank you & stick around!

さっそくだけど我慢ってヤツは大切さ
もちろん程度には由るんだけどね!
最近は我慢するも何もあっという間に投げ出す輩が多くて
呆れる暇もありゃしないよね

人間誰でも幸せになりたいさ
世界中の独り残らず、みんな幸せになるために生まれてきたんだからね
誰かが言ってたよ、
「頭にきたら10数えろ。それでも物凄く腹が立ったら100数えろ」ってね!
まったくその通りだよ!
まぁ、それでもたまには頭にくることもあるだろうさ
我慢できないほどね
そんな時は腹を立てるほど惨めな人生なのか一瞬でも考えてみることだな
どっちにしてもへらへら薄ら笑いを浮かべているよりかはましだろう
意味のない愛想笑いほど嫌味ったらしいものはないからね

え?結局どうしろって言ってるのかまったくわかんないって?
ははは、わからなくたっていいんだよ
僕はどうしろなんてまったく言ってないんだからね!

では曲にいってみよう
今夜の曲は『Living on a prayer』、もちろんBon Joviだね!
1987年、彼らはこう叫んでいたのさ!


slippery when wet.jpg



“彼女は言うのさ、

「今ある現実を受け入れて持ちこたえるのよ

それがとても大切なことなんだから

うまくいこうがだめになろうが私たちにはお互いがいる
 
それだけで充分なんじゃない? 愛のためにやってみなくっちゃね…」

俺たちはまだまだほんの道の途中なのさ

祈りながら生きているんだ

さぁ僕の手をとって

誓うよ、きっと上手くいくって

そう、祈りながら生きているんだ…”


まったくその通りさ!不満は誰にでもあるさ
一体何を嘆いているんだい?
心配するなよ、君だけじゃないぜ
何億人もの人間が決して満たされてはいないのさ
でも誇りを失ってはいけないぜ
誇りを持って持ちこたえるんだよ!
明日はどうなるのか誰にもわかりゃしない
最後まで捨てちゃいけないんだ

もしもそう気づいた君は少しはまともなものに賭ける事ができるのかもね
あいにくだが世の中そんなに腐っちゃいないぜ

この曲を一度も裏切らず今も変わらず僕を応援してくれているすべての人々に捧げる

曲を聴きながら今夜もさよならだ
みんな、また会おう!

posted by Spenser at 23:21| Comment(0) | ♪Spenser's radio show! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

#.41

やあ、みんな 勝ち続けてるかい?

沈黙の時は過ぎた。とっくに過ぎちまったよ!
そんなわけで今まで通り言いたい事を思い切り言わせてもらう
最高にイカシたCRAZYなレディオショーの始まりだよ!

気まぐれな僕はスタジオから抜け出して勝手気ままに旅をしていた。
でもこうやってちゃんと帰ってくるわけさ!
あまりにも多くのファンが僕のことをほっといてくれないからね!
ははは、そんなの当たり前だろうって?
O.K!そんな君はちゃんと生き延びていたってわけさ

自分の誇りを捨てず誰のことも裏切ったりしないでね

いいかい、よく聞いてくれよ。物事は目先の判断、特に自分の感情だけじゃ
どこにもたどり着きはしないんだぜ。
時にはどころかしょっちゅう人の言うことは聞くものさ。
もちろん黙って従うんじゃなくて耳を傾けてちゃんと考えろってことなんだぜ。
人生プラスもマイナスもあるさ。
当たり前だろう?そんな事。
自分の人生で起こったことはすべて一つ残らずは自分で責任持つべきさ。
いい事だけは自分の手柄、悪いことはすべて他人のせいにしてちゃ
本気で世界中から笑われちまうってなもんさ。
そんな不誠実な生き方、誰もしたくはないだろう?

かつてBob Dylanは言った。
「何も持ってないときに失うものは何もないぜ」ってね!
今夜の曲は1965年の最強ナンバーだ。
君らが生まれるずっと前から世界中に響き渡っていたんだぜ!
『Like a rolling stone』、もちろんBob Dylanだね。

Highway_61_Revisited.jpg



“昔のあんたはいい服を着て羽振りよくかっこつけてたさ。
みんなは言ってたよな、「調子に乗ってるといつか落ちぶれるぜ」って。
若かったあんたは聞き流してたよ、冗談だと思ってさ。
そして笑っていたよな、周りを見下しながら。

ところが今のあんたはどうだ?
全く惨めな有様じゃないか。
ははは、昔みたいに大声で話さなくなったな。
自信なんてまるでないみたいじゃないか。
帰り道すらわからず、誰からも振り向いてももらえない。

どうなんだよ?今の気分は?
一体どんな気分なんだい?
石ころみたいに転がっている気分は?...”


Thank you,Bob!まったくその通りさ!
Hey,YOU!一体何を失ったって言うんだい???
もともと何も持っていなかったんなら何も失くしてないはずだって、
もう一度よく考えてみるこった。
エゴ丸出しで生きていたって見抜かれていることを恥じるべきさ。
そして少しは謙虚な気持ちと感謝の気持ちを思い出すことだよ。
毎日毎日、過去と現在と未来においてね。
こんな当たり前の事に気づいた時に、人はもう少しまともなものに賭けることができるのさ!

この曲を僕を含めた世界中の愚か者に捧げよう!
曲を聴きながら今夜もさよならだ。
みんな、また会おう!
posted by Spenser at 23:52| Comment(0) | ♪Spenser's radio show! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。