2008年06月25日

#.53

やぁ、みんな 間に合ってるかい?

愛すべきRainy Tuesday!Mid-night speed wayは土砂降りさ
♪Spenser's radio show!今夜もフル・スロットルでいこう!
このイカレタDJ.Spenserのヘッドライトで君の夜を照らそう!
Stay tuned,stay alive and kick on the rainy drive!

今日は昔船乗りだったある男の話をしよう
おいおい、勘違いするなよ、ははは、俺の話じゃないぜ、baby!

そいつはある1隻の船を任されていたんだが
これがまた最初からあちこちに穴が開いてるようなとんでもないボロ船でね
乗ってる奴らもそりゃろくでもなかったわけさ
それでもそいつは我慢して舵を取っていたわけだ

航海に出て4年、ついにその船は壊滅的な状態になった
ろくでもない奴らがせっせと船底に穴を開けていたからさ
もちろんまともなcrewもいたが追いつきやしない
船底は水浸しさ まったくひどいもんさ
まともな奴らと頭のおかしい奴らがひしめき合って
くそったれた喧嘩も始まる始末さ
自分で穴を開けておいて我先にとっとと逃げ出すヤツもいた
まったくあきれたもんさ

とうとう最後にそいつは船を降りた
新しくやって来た頭のおかしな名ばかりの似非船長さんに船をくれてやったわけさ
すべてが馬鹿馬鹿しくなっちまうってなもんさ
まったくやってられないね、そりゃそうだ
いっそのこと自分でどでかい穴を開けて
馬鹿な奴らもろとも沈めてやろうかと思ったらしいんだが
そいつはそれをしなかった

誇りがあったからさ
まともな奴らを裏切りたくなかったのさ

そいつが船を降りる時、どこかの間抜けが
もっと大きな船を用意しようとしたらしい
前のと違って見かけはまともな立派な船さ
それはそれは結構な条件だったらしいがそいつは笑って断ったのさ

誇りがあったからさ
まともな奴らを裏切りたくなかったからさ
相手を見て物を言えってなもんだったらしい

そいつはいつも十字路に立った時にどの道に進めば
どれだけ楽なのかもわかってた
でもいつも選んできたのは困難な道なのさ
それがそいつの血となり肉となってきたわけだからさ

今そいつは陸に上がって笑っているよ
昔から強いやつだったがとんでもなく強くなってるぜ
今は船じゃなくもっと大きな最新型のイカシタJETを飛ばしているよ
そして遠い国の遠い時間の中できっと笑っているだろう
確かに船は遅すぎた ヤツのSpeedからすればね

踊り方も知らない間抜けな奴らは足が絡まって
今でも惨めなタップダンスを披露しているんだろう

「羊飼いだって結局誰かに飼われているのさ」

そいつの言った意味がいつか誰かにわかればいいさ

これでこの話は終わりだよ、baby!

さて曲にいってみよう!
こんな雨の夜にぴったりの曲だよ!
『You're only lonely』、もちろんJ.D.Southerだね!
誰にだって孤独な夜はあるさ
孤独を怖がってくだらないことに手を出す前に
しっかり目を開けるんだよ
そしてまともに前を見てみなよ


JD SOUTHER.jpg



“世界が君のその小さな肩に崩れ落ちそうな時

そしてすごく寂しくて弱気になってしまう時には

抱きしめてくれるヤツが必要さ

僕の名を口にに出していいよ やりきれない時にはね

恥ずかしがることじゃない 誰にも遠慮はいらないさ

そんなやりきれない孤独な時にはね・・・”


見栄や偏見や欲で生きていないやつはきっと幸せになれるのさ
本当に大事なものは何かを知っているからね
時に人は同じ過ちを犯すだろう
でもそろそろ目を開けることだってできるのさ
上にいるときは見れなかった景色に早く気付いたほうがいいぜ
下には下の花が咲いてるって事にね

曲を聴きながら今夜もさよならだ
みんな、また会おう!


posted by Spenser at 00:26| Comment(2) | ♪Spenser's radio show! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Hi!
Captain Spenser!
組織は時には無情なんだな
男のちっぽけなBIG-DREAMなんか
吹っ飛んでしまうんだ
Boyもそうだったよ・・・
But、But!
Don't think twice!!
Boyはあきらめないよ
裏切られても、罵られても
BoyのDreamは、回り続けるよ
そんなBoyに、今夜も歌ってくれ

「You Can't Always Get What You Want」
Stonesさ!

See u!
Posted by tengteng:) at 2008年06月26日 23:13
THX 4 yr comments!teng teng.

I never give it up and I won't back down,you know.

俺たちは幸せになるために生まれてきたからさ
Posted by Spenser at 2008年06月27日 02:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。