2009年10月19日

#.100 Mid-night Special

やあ、みんな 元気?病気?Happy?Blue?

smoke.jpg

僕が初めてみんなにこうやってマイクの前で呼びかけたのは6年前の冬だったわけさ
電波JACKの♪Spenser's radio show!はそんな風に突然始まったわけさ
ははは、もちろん電波JACKなんで予告なんかありゃしなかったのさ

知っての通りこのradio show!は僕の気の向くまま 好きなときにON AIRされるプログラムだ
僕は思ったことを直感だけで好き勝手に喋ってきたよ
もちろん今でもその一言一言を忘れちゃいないし誇りに思っているのさ
そしていつも最高の音楽と共にあることをHappyに思っているってわけさ

books.jpg

さて、第1回目からstay tunedしてくれている君たち
いつもこっそり聴いている君たち
そしてつい最近僕の声をキャッチした君たち

現実への鍵は見つけたかい?

SPENSERSWALL.jpg

おっと、僕は君たちの思想や何かに何の干渉も介入もしやしないぜ
僕の言葉で君たちが何を考えようが感じようがまったく自由ってわけさ
僕は誰にも荷物を持たせない 
もちろん君たちの荷物だって知ったことじゃないわけさ

これからもそれは変わらないのさ
こいつだけは分かっておいてくれよ、baby!

map.jpg

それじゃいつものように始めるぜ
♪Spenser's radio show!
今夜も僕のお気に入りの曲をガンガンかけるのさ
いつものようにBeatをつかまえて飛び乗っておくれよ
最後までStay tuned,stay alive and Rock In Peace,baby!


今夜の1曲目はこれだよ
King Elvis!『Mystery train』、1955年のイカシタ列車に飛び乗っておくれよ、baby!




まったくゴキゲンなナンバーだね
さて今度は一気に1970年に飛んでみよう
『Rainy night in Georgia』、Brook Benton!
この名前を知ってるかい?
優しい雨の匂いを感じてくれよ




O.K.ムードも盛り上がってきたわけさ
次は飛び切りのにムーディなナンバーだ
みんな気をつけておくれよ
こんな最高のサキソフォンはめったに聴けないぜ
曲はBernard Herrmannで『Taxi Driver main Theme』
こんな真夜中にピッタリの1976年のマスターピースさ




次の曲は思いがけず昔の彼女にばったり会った男の話さ
こんな気持ちが分かるかい?じっくり聴いてくれ
Elvis Costelloで『Alison』、1977年の闇からの一撃だよ!




ところで歌姫ってヤツはそう簡単にいるわけじゃない
この国には残念ながら本物はまだ一人もいないがね
最低限まずは歌が上手くなくっちゃね
そして魅力ってもんが必要だろう
こいつは男を泣かせる歌だよ
Karla Bonoffで『Troubled Again』、1979年はそうやって暮れていったのさ




さて二人目の歌姫はこの彼女だよ
曲は『Call Me』、1979年は大忙しってわけさ!
抜群にカッコイイオープニングのリフで勝負ありなのさ
Blondieでキメてくれ
この曲を初めて聴くようじゃ まったくイカさないぜ、baby!




今夜最後の歌姫はSexyにキメてくれるぜ
80年代はこうやって始まっていったのさ
わがままな嘘つきgirlsは彼女の前で丸裸にされてくれよ
1980年のロケット・クイーン!
Suzi Quatroで『Rock Hard』!




押さえきれない激情はこうやって表現されるのさ
永遠のKing of MODs、Paul Wellerが穏やかに熱くそう言ってるのさ!
次の曲はThe Style Councilで『My Ever Changing Moods』、
君の全く知らない1984年の僕はまさしくそんな感じだったぜ




次はもう言葉も要らない名曲さ
ただ黙って感じてくれよ
もちろん聴いたこともない君たちにお送りしよう
こういった曲は一生大事に聴くもんだぜ
David&Davidで『Welcome to the boomtown』、
1986年の彼らの叫びはしっかり届けたぜ、baby!




邦楽界において明らかに群を抜くテクニックとセンス
3ピースバンドで彼らと並べるやつなんていないのさ
安っぽいアマチュアリズムは彼らの前では粉々に吹き飛んじまうのさ
「まったく頭にくるぜ!」ってタイトルなんだぜ、baby!
世界に誇る我らがPink Cloudの最高の一発を聴いてくれ
曲は『Drive Me Nuts』、1989年、プロフェッショナルである事の代名詞だぜ




まったく揃いも揃って名曲ばかりってわけさ

さて今夜の最後はこの曲だ
1994年に現れた超新星
僕はこれからもずっとこの曲を聴いていくだろう
そしてこの曲のように生きることを肯定し続けるのさ

死ぬなんてお断りだぜ、baby!
僕達は永遠に生き続けるのさ

最高のナンバーを聴いてくれ
『Live forever』!
oasisが世界中に送ってくれた愛ってやつなのさ、baby!



O.K.もちろん世界を見てきたのさ

誰かに言われないと歩けないような事は一度もなかったぜ
今やらなければならない事をやっていくだけだよ、baby!

自分が決めたことを信じていくだけさ

間違っているのか正しいのかは
少なくとも君が決めることじゃないぜ

わけの分からない価値観なんて
このスタジオではお断りだぜ、baby!

時に僕の事がとんでもない間抜けに見えたとしても
君の前で僕は思い切り笑っているだけさ

誰にも負けない自信と誇りがなくちゃ
今夜僕が生きているわけが無いって事だよ

明日も僕はこのマイクの前で
今までと変わらずD.J.Spenserであり続けるだけさ

HBDTU.YMMR.ILFWY!

曲を聴きながら今夜もさよならだ
ご清聴に感謝するぜ
Rock In Peace!
みんな、また会おう!


posted by Spenser at 00:06| Comment(1) | ♪Spenser's radio show! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Congratulations !!

For 100th Electric wave Jack !!

Hahaha :D

これからも No life,No Music!

For me, it is the enjoyment to meet Captain's Spencer !

Well, This time

My req. is "Creedence Clearwater Revival- Midnight Special"

忙しいとは思いますが、お身体大切に!

Good Luck!



Posted by tengteng : D at 2009年11月01日 12:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。